ウーマン

パッチリ目になる方法

目元

様々な方法

整形手術、というものにどのようなイメージをお持ちでしょうか。整形手術は、一昔前までは、お金がかかるもの、大規模な手術を行うもの、敷居が高いもの、というイメージがありましたが、近年そのイメージは変わってきており、敷居が低く誰でも気軽に受けられるものになってきています。その発端を担ったのが、二重の整形手術といっても過言ではありません。目を二重にする、という手術は、とても簡単に出来、費用もそこまでかからないからです。二重の整形手術は、年々その技術を進歩させてきており、最近ではメスも使わず、たった10分程度で終わる手術も確率されてきました。これらの方法は俗にプチ整形とも呼ばれ、社会人だけでなく学生でも受けられるほどに手軽なものになってきました。二重の整形手術の技術が上がったことで、整形手術そのもののイメージも変わってきたのです。さて、二重の整形手術の方法には様々なものがありますが、前述の通り人気なのは、メスを使わない手術です。一般的にこの方法は、埋没法と呼ばれます。埋没法では、メスを使うかわりに、特殊な糸を使います。糸を使って、皮膚と皮膚をくっつけるといったイメージで手術を行います。作りたいラインの両端の皮膚を皮膚に埋没させ、糸で固定することで、綺麗なラインを作り出します。点眼と注射の部分麻酔をしてから行いますので、痛みは麻酔をかけるとき位です。手術は10分程度で終わることがほとんどです。埋没法のメリットは、まずダウンタイムが少ないということです。メスを使わないため、術後の腫れなども最小限に抑えることが出来、メイクやコンタクトレンズの使用なども比較的早くに解禁させることが出来ます。万が一使用した糸が取れてしまった場合でも、保証期間内であれば付け直してくれる場合がほとんどです。また、ラインが劇的に変化するというものではないので、二重にしたいけれど周りにあまりばれたくない、自分で納得いくくらいの二重にしたい、といったような人におすすめです。また、手術方法は他にもあります。埋没法とは対照的に、メスを使って行うのが切開法という手術です。切開法では、メスを使ってラインを皮膚に直接入れていきます。直接皮膚に切り込みを入れるので、効果は永久的に持続しますし、またかなりパッチリとした二重にすることが可能です。埋没法とは違い、ダウンタイムは若干眺めで、メイクなどの制限も長くなることが多いですので、必ず安静にして過ごしましょう。切開法に向いているのは、とにかく目を大きく見せたい、ハッキリとしたラインが欲しい、と望むような人です。しかし、埋没法に比べると費用は大きく変わってきますので、自分の払える範囲内で手術方法を決める、ということもとても重要です。二重にするのには、このようにさほど難しいことはありません。整形外科に行ってカウンセリングを行い、自分に合った手術方法を決め手術を行う、というだけです。一重に悩んでいる人、腫れぼったい目に悩んでいる人は、まずは整形外科へ足を運んでみましょう。敷居が低くなってきている整形手術で、自分のもつコンプレックスを早めに解決させることが出来ます。