ウーマン

まぶたの種類を把握する

頬を触る人

自分のタイプを知ろう

一重まぶたから二重まぶたにするに際して、まず自分のまぶたがどういう種類のものかを知りましょう。その性質を大まかに分類すると三つになります。一つは遺伝的なもの。二つ目はまぶたの上の脂肪によるもの。最後に顔のむくみによるものです。この中で、二つ目と三つ目に関しては二重まぶたになる可能性が高いとされています。これは後天的な要因がそうさせている可能性が高いからです。それぞれの事態を招いた悪い生活習慣というのがあるのでしょう。こういった場合は直ちに施術、というよりはまずその生活を正すということを急ぐべきです。過度の飲酒や乱れた食生活が意外と原因なのかもしれません。問題なのは一つ目の遺伝的な要因による一重まぶたです。原因が生活習慣によるものではないとすれば多くの場合遺伝的なことが原因の場合が多いでしょう。では具体的な方法についてご紹介します。これについて施される方法というのは大きくわけて三つあります。まず一つ目が「アイプチ」や「アイテープ」を使った、誰にでも出来るお手軽なやり方です。美容品販売店などでも見かけたことがあるという方は多いのではないでしょうか。これは専用のテープなどを使って二重のシワを形成するというものです。誰にでも簡単に手が伸ばせるので人気も高いです。費用も安く抑えられるので「試しに」やってみるのも良いかもしれませんね。ただ、テープに付いている接着剤が直に肌に触れることになるためかぶれてしまう心配もあります。加えて、効果も半永久的なものではなく定期的に行う必要があります。またこういった道具さえ用いずに、他にも目の周りをマッサージするというやり方も存在します。これは原因がむくみなどの場合に効果があるとされていますが医学的な根拠はありません。むしろ強く圧力をかけすぎてしまって目の周りを傷めてしまう可能性があります。二つ目と三つ目の方法というのはこれはメスを用いた外科的な方法となります。それぞれ「埋没法」と「切開法」などと呼称されるものです。どちらも先にご紹介したやり方に比べて効果が期待できるのが特徴です。埋没法というのはまぶたの中に糸を入れて二重を作ります。処置にかかる時間は十五分前後と非常に短いものです。いわゆる「プチ整形」と呼ばれ気軽に行えるという利点を持っています。ただ効果としては長期的なものであって半永久的というわけにはいきません。デメリットといえば、このやり方だと再度の処置が必要になる場合が多いというこでしょうか。それに対して「切開法」というのは半永久的な効果が望めます。色々試してみたけれど最後はこの手段で解決したという方も多いようです。ただこのやり方は本格的な「切開」になるので術後のアフターケアがとても大切です。傷が残ってしまわないよう、菌による化膿が起きないよう意識的な取り組みが必要でしょう。二重になるために必要なこと、それは正しく自分のまぶたを理解することです。このように処置にはいくつかの方法が存在します。それらはそれぞれの状態に見合った手段なのです。正しい処置をすることこそが二重まぶたになるための一番の近道ではないでしょうか。